「アトム電器の秘密」久しぶりに読んでみた!

Pocket

 


何気なく目に入った棚の中の本
 

「アトム電器の秘密」

2011年に発売された本

ノンフィクション作家 「立石泰則」 氏の本

12年にも一度読み返したので…

なんと6年ぶりに目を通したことになる…。

さすがに全部読む時間と自信がなかったので…

第八章だけを読んだ。

その当時のことが

昨日のことのように蘇ってきた。
 

思えば長く生き延びてきたものだ…。

37歳の時に2代目として独立して…

49歳でアトムチェーンに加盟した。

アトムチェーンに加盟してから

儲けることの大切さを学んだ

儲けなければ事業が継続できない

お得意様のご期待にもそえなくなる

アトムチェーンのおかげで

しっかり儲けさせていただいた。

息子たちにも余計な心配はさせなくて済みそうだ…。

お得意様にも喜んでいただいている。
 

先代が創業してから64年になる。

100年続く店にしたいという夢があった。

わたしが出来る訳もないのだが…。

あくまで夢なのだ…。

100年続いたらいいなと思う。

 

 

 

 

 

 

This entry was posted in はぴeマスター. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です