天井埋込カセット型エアコン 吹出グリル垂直羽根の交換 フラットパネル仕様


 

私が入院する前に、守口市のお得意様から、以前取付させていただいた天井カセットエアコンの羽根が何枚か取れてしまったとのご相談。

事前に確認させていただいて原因はわかりませんが、たしかに何枚かとれている状態でした。。。

後日部品を手配し、スタッフが交換作業にお願いしていたのですが、それがとても厄介だったようです。

下から交換可能かと考えておりましがが、一度パネルを外しての作業が必要だったようです。天井カセットエアコンのパネルの脱着は意外に面倒なんです。

  手前が新品のものです。

 2組の吹出グリル垂直羽根を交換して

 

ここまでは、意外に順調に作業できたようです。

交換後、再度フラットパネルを復旧していきます。本体とプラットパネルを繋ぐ電装配線を接続して、試運転をしてみたところ。。。。

 問題発生したようです。。運転をさせたところ運転ランプ点滅。。。本来パネルが空気吸い込みをするため少し下がる動作をするのですが、、、下がりません。。。

でとりあえずエラーコードを確認するとC7。。

確認すると、、フラットパネルのプリント基板の不具合。。やばいです。。

でダイキンの技術相談に☎していろいろ聞いてみます。まず電装配線のコネクタを確認をするために昇降パネルを下すため応急用のスイッチをおしてくださいとのことでしたがそのボタンも作動せず、、、で電源を切りもう一度再投入してくださいとのことで試みたところとりあえず昇降パネルは下がりました。

で指示通り確認し、再度復旧して試運転してみたところかわらず。。。

でもうダイキンさんにもう一度確認して他の対処方法があるか確認してもらってる間に何度か同じ作業を繰り返したそうです。

で昇降パネルを一度下がりきるまで下げてみて、その後復旧させてみると、正常運転開始!!!

    

 

で、折り返しダイキンさんから電話がありましたが、正常運転を開始した旨を伝え、念の為なにが原因か伺ってみたが、詳細はわからずなんかしらリミットが効いた状態だったんだろうとのことでした。

スタッフさんお疲れさまでした。

I様、作業時間が長くなり大変申し訳ございませんでした。

 


 

 

This entry was posted in はぴeマスター, (エアコン工事). Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です