門真市で 浴室リフォーム2日目(電気工事編)


 

 

門真市で浴室リフォーム2日目!


 

お風呂に浴室換気乾燥暖房機を設置するので…

専用電源を配線します。

天井裏に梁があって配線が通せないので…

玄関上に点検口を付けます。

 

 

点検口をつけ終えて、分電盤の取替えにかかります。

 

 

既設分電盤を切り離し

 

分電盤のケースをまず取り付け

 

分電盤本体をケースにもどし、各所に接続していきます。

 

 

接続完了し、再度メガチェック、電圧確認をし、接続完了(写真をまた撮り忘れてしまいましたが…)

 

蓋を取り付け作業終了です。

 

  

本日は、テレビの配達など他業務もあったため浴室暖房乾燥機用の専用回路の配線は明日の予定です。

点検口をつくったので、浴室と点検口間はいつでも配線できるので一安心。

どうしても電気屋さんは隠蔽配線にこだわってしまいますね…。

明日からは大工さんが床工事に入る予定です。

 

 

 

 

 

 

This entry was posted in はぴeマスター, オール電化、リフォーム、エアコン, 施工事例 , (リフォーム工事), (電気工事). Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です